保健

健康管理

毎朝、健診を行い病気の早期発見に努めます。
保健の年間行事予定です。
健康上のことで、気になっていることなどがありましたらお知らせください。
健診時にそれぞれの専門医に質問し、お返事、アドバイスなどを頂くようにいたします。

検査内容 対象 検査日 報告
● 内科健診 全園児
0歳児
1歳児
年2回(4月・10月)
→毎月1回
→3ケ月毎
健康手帳に記載
● 耳鼻科健診 全園児 年1回(5月) 健康手帳(および結果表)
● 眼科健診 全園児 年1回(5月) 健康手帳(および結果表)
● ぎょう虫検査 全園児 年1回 検査機関より配布
● 尿検査 3・4・5歳児 年1回 検査機関より配布
● 歯科健診 全園児 年1回 健康手帳(および結果表)
● 身長・体重測定
● 頭囲・胸囲測定
全園児 毎月1回
年2回(4月・10月)
健康手帳に記載
● 視力測定 3・4・5歳児 年1回 健康手帳に記載

 

● ブラッシング指導(歯科衛生士) ・・・・・ 年3回(3・4・5歳児)
● 歯科講話(歯科医)      ・・・・・・・・・ 年1回(3・4・5歳児)

 

下記の状態の場合、集団保育は不可能となりますので家庭保育をお願い致します。
お子様が、毎日健康で元気に過ごすためには、
園と保護者とでコミュニケーションをとり、協力しあう事がとても大切です。
上記以外にも全身の状態を見て、家庭保育をお願いする場合もありますので、
連絡先は明確に担任までお知らせください。
また、保護者の方がお迎えに来られない場合の手だてを、考えておいてください。
家庭で、気になることや、変わったことがありましたら登園の際、保育士に声をかけてください。

熱がある
保育中は37.5℃まで様子を見ます。熱はないが元気がない、ぐったりしている、動きがにぶい等、普段と比べて状態が違う時は、ご連絡する場合があります。
目が赤い、目やにがでている
伝染性の病気もありますので、必ず、登園前に眼科医の診断を受けてください。
下痢、吐き気がひどい
回数が多くなってきますと、集団の中での保育が困難になります。
また小さいお子様ほど脱水状態に移行する危険性がありますので、状態をみながらご連絡する場合もあります。
乳児突然死症候群(SIDS)
それまで元気に育っていた赤ちゃんが、事故や窒息ではなく眠っている間に突然死してしまう病気です。
特に4か月未満の子に発生しています。
また、睡眠中は定時的に呼吸、顔色等チェックしています。
うつぶせ寝も寝返りができるまでは、仰向けで寝るようにしています。